エステサロンの種類

エステサロンエステサロンの種類を大きく分けると三種類になります。まずは個人経営のエステ。エステティシャン自信が経営をしている小さなサロンが多いです。メリットとしては、チェーン店と違いエステティシャンが自分の専属になるので関係が深まりやすく、特別感があります。また一対一でじっくりと施術してもらえてリラックスできるでしょう。デメリットとしては、通える人数が限られてくるので施術例のデータは少なく他と比較しにくいことです。また店構えが小さく、わかりにくい場所にあるケースもあります。

もう一つは大手のチェーンエステサロン。テレビCMなどの宣伝も多いところは安心感や信頼度も大きいです。また店舗数も多く全国に点在している場合が多いので、住まいを移した時でも通える場所にあったりします。デメリットは、高級感があり入りにくいという印象があります。また価格も高めに設定してあるところが多いです。一店舗にいるスタッフが少ないため予約が取りにくいことも。

最後に地域のチェーンエステサロン。大手に比べて知名度は下がりますが、地域に密着しているのでイベントなどに参加してお試しなどを行うサロンも多くあります。気軽に足が運びやすいでしょう。またスタッフも多く予約も取りやすくなります。デメリットとしては、地域の顧客が多いと知り合いに合う可能性も多くなります。